HOME>オススメ情報>トラブルに対応するか買い替えるかを考える

設置場所は綺麗にしよう

室外機

エコキュートの修理の申し込み方法は、契約している会社の問い合わせコールセンター経由で行うのが一般的です。どんな準備をしておくべきか、いつ頃修理に来てくれるのかといったスケジュールに関しても迅速対応であるのが特徴です。もちろん、修理が大掛かりになるということもあり得るので、設置場所を綺麗に掃除しておきましょう。不用品などが周囲にあれば、簡単な作業でもしにくくなります。エコキュートの修理は業者が勝手にやってくれますが、完了後には試運転を行うことになりますから、留守にはできません。エコキュートは年々機能が進化していますから、10年以上設置していたエコキュートであれ、部品交換などを伴う修理になれば、ボタンの種類を含め、使い方が変わってしまうので、交換と提案されたなら事前に既存と仕様がどう変わるのかを確認しておきます。

作業員を見極める

男性作業員

エコキュートの修理会社を選ぶ上で、作業員によって修理時間に差が生じるのは経験によるところです。修理もポンプを持ち帰ってということは少なく、その場で検査をして必要な工事を行います。部品交換が必要になれば、ある程度想定しておいた部品を作業車に積んでおくため、それを用いることが一般的です。また、いずれ修理が必要になることを考えた上で導入するならば、施工当日にスムーズに作業に入れるよう設置スペースの確保はポイントですし、搬入経路の確保も考えるべきです。

広告募集中